逆SEO活用法

明日あなたが被害者になりうる逆SEOの怖さと逆SEO対策

逆SEOの怖さと逆SEO対策 ネットで身に覚えのない誹謗中傷が行われるということは最近では多いです。そして誰が明日の被害者になるかはわかりません。
学生のいじめなんかでも昔は直接的に暴力的なことや悪口などが中心でしたが、最近はネット上に書き込まれるというケースも多いです。またSNSもあるのでいつの間にか拡散していきます。
これらをどのようにとらえるかは人それぞれですが、少なくとも信用を失うような内容であれば間接的に金銭的な損害も受けます。個人事業をするにも信用がなくなりますし、就職もしにくくなる可能性があります。企業は面接を受ける人の個人情報をネットにある限りは検索する場合が多いです。
これは個人情報保護法違反というわけでもないですし、リスクを避けるために企業としては当然の選択です。あるものを利用するのは当たり前ということでしょう。
そして、逆SEO対策は明日被害者になった場合の対策の一つです。逆SEO対策によって少しでも情報を消すのがベストです。

逆SEOと逆SEO対策について

逆SEOと逆SEO対策 逆SEOというのは、SEOの逆で特定のサイトを下位に表示するための施策です。
昔は表示ランクの低いサイトにあえて被リンクを大量に貼るなどの方法で逆SEOが実施されていたのですが、最近は効果が薄れています。グーグルは純粋にコンテンツの質を求めているので、その他のSEOはあまり行ってほしくないと考えています。
なので、逆SEO対策としては逆SEOを行っているサイトをグーグルに悪質なサイトとして申請するという方法がシンプルです。
グーグルもこれについてはすべてに反応できるわけでもないのですが、逆SEO対策として適正と認められた場合には、悪質なサイトは表示されなくなります。
逆SEO対策については業者があるので、そこに依頼するという方法もあります。対策に法的な根拠があれば弁護士に依頼することも可能なのですが、法的に根拠がなければ弁護士も動くことができません。
風評被害に必ずしも法的な根拠があるわけではないという点が厄介です。

\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>