逆SEO活用法

逆SEO対策で過去の犯罪歴や逮捕歴のサイト順位を押し下げる

過去のサイト順位を押し下げる 逆SEO対策を行っている業者にもいろいろな種類があり、やり方もそれぞれです。しかし、依頼するのであれば現状のグーグルのアルゴリズムにそった方法を取っているところが良いでしょう。
犯罪歴や逮捕歴のことを書かれるというのは個人にとっては風評被害の威力が大きく、信用が必須な社会において一気に信用を失います。
犯罪歴や逮捕歴があるというだけで就職も困難になるでしょうし、個人で事業をやるにも関わりたがらない人が多くなります。それは当然の話で、わざわざ選べる状況において犯罪歴のある人を選択するメリットはまったくないでしょう。
そして、逆SEO対策は悪質でないやり方が良いです。たとえば被リンクを生成してそのサイトの評価を落とすというようなやりかたをしても、グーグルは被リンク自体を最近は重要視しないので、無駄にもなります。
それならば、そのサイトが相対的に順位が下がるように正攻法で良質なサイトを作成するといった業者がべストです。

逆SEO対策した方がいいケースとは

逆SEO対策した方がいいケース 逆SEO対策した方が良いケースとは、明らかに名誉棄損なことをされている場合でしょう。
弁護士に相談することや、サイトの削除の申請を行うことと併せて逆SEOも行うというのが良いでしょう。明らかに名誉棄損な場合には信用を失うという被害が大きいので、それをなんとか減らせるのであれば減らしたいところでしょう。
減らせるというのは、一度ネット上に出たものをすべて消すというのは困難を極めます。最近はSNSもあるので、どんどん拡散していきます。発見した大元のサイトを消しても、個人ブログに書かれたり、いろいろと拡散されます。
しかし、逆SEO対策を行うことで、関係ない人が検索したときに特定の個人が書いたその情報にアクセスする可能性も下がるので、確実に何もしないよりは情報が流れていくことを防ぐことが可能になっていくのです。
上述のようなことを踏まえても、一度出た情報を全部消すのは不可能なので、そこは残念ながら汚点になります。

\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>