逆SEO活用法

逆SEO対策の効果はどのくらいあるのか?

逆SEO対策の効果 逆SEO対策のやり方は複数ありますが、効果はここ数年で落ちていると言えます。その理由はSEOの効果が落ちている理由と同じです。グーグルがリンクなどのよるSEOよりも純粋にコンテンツを評価するという方向でやっています。
なので、SEO対策の効果が薄まっているのとどうように逆SEO対策も必然的に弱くなります。
実際にどのくらいの実績が出るのかは状況にもよるのですが、悪質なものに対してこちらも悪質なやり方をするというのはあまり得策ではないです。
たとえば、被リンクを使って落としたいサイトの評価を下げようとしても、グーグルの現在のアルゴリズムなら誰がなんのためにリンクを貼っているのかというところまで把握できます。なので、本当に悪質な風評被害を受けている場合には正攻法が良いでしょう。被害の申請を出します。
上述のことがどのくらいの効果を発揮するかはなんとも言えないところがあり、取り合ってもらえない可能性も高いです。

逆SEO対策の利用が有効なケースと行われる理由

逆SEO対策が有効なケース 逆SEO対策が有効なのは、本当に悪質なサイトによる被害を受けている場合でしょう。その場合はグーグルも加害者のサイトを上位にしようという働きをしません。場合によってはペナルティを働かせます。
なので、逆SEO対策を行う側も同じく悪質なやり方をするのではなく、正攻法で攻めた方が良いです。
たとえば弁護士に相談することや、グーグルに悪質なサイトとして申請することがその例として挙げられます。最近はSEO自体がコンテンツ重視になっているので、被リンクを大量に貼るという行為が無視される傾向にあります。
逆に言えば、サイトの順位を落とそうとして被リンクを貼ったとしても、効果があまりないということになります。グーグルのアルゴリズムは誰がなんのために行われるのかというケースを把握しているので、こそこそやるよりは正攻法が良いです。
逆SEOが行われるケースのデータも大量にもっているのでグーグルの機能を悪用することは難しいです。

\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>